TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

TITLE : 生後6年 2ヶ月 体重13.5kg  2008/12

2008 12月 ドボンしたビーグル今までで、一番ビックリするような出来事がありました

なんと、チョビが池にダイブしたのです!!
そう、あの水嫌いなオトコが自ら豪快に飛び込むなんて・・・
まったく信じられない出来事でした。
しかも、ヘドロの池にダイブしたので
引き揚げた時には、へ泥まみれ(T-T)

ドボンした時に、チョビはかなりビックリしたみいたいで
着水した後、暴れることなくジッとして
私が救出するのを大人しく待っていたのでヘドロを
飲むことがなかったのが救いだったかもしれません。

ドボンしたあと、体調を崩すことも無く怪我もなかったので
笑い話となりましたが、ヘドロにまみれたチョビを車に乗せて
連れて帰る道中はとても複雑な気分でいっぱいでした。

水が嫌いだと思っていたので飛び込むなんて想像していませんでした
まさか、池一面を覆う藻を芝生と勘違いして
飛び込むなんてね〜(笑)
でも、私がちゃんとリードを緩めず締めていたら・・・
チョビは冷たい臭い思いをしなくて済んだのにと思うと、やはり管理不足だったのかなと。反省したみたり。




今月は、もう病院へ行かなくても良いと思っていたんですが
12月になっても暖かい日が続き
「蚊」が飛んでるのを見て、フィラリアの投薬を今月まですることに。
お薬をもらいに行き、気になってたチョビの体も診てもらうことに・・・

実は、チョビの体にまたブツを見つけちゃったのです。
小さなデキモノ発見したのは、右の肩辺り
ここんとこに

皮膚の色と同じ白っぽい小さな2mmぐらいのデキモノ
ポチッとデキモノが!!
先月見つけたときから、大きさは変わらないので
これまた、要観察となりました・・・。

デキモノに針を刺して中身を調べる細胞診をしても
この小ささでは、ちゃんとした結果が出ないことも多いそうで
取るにしても、軽い麻酔をしたうえで除去となるとのことだったので
悪いモノじゃなさそうなら、様子をみようかなと。

チョビ自身はいたって元気なのに
足や肩にデキモノが・・・いったい何なんでしょう?

今年もいろいろありましたが、とりあえずは元気で過ごせたのでヨシとしないとね。

posted by ま〜や  [ 成長の記録 2008 ]  - -

TITLE :  生後6年 1ヶ月 体重13.5kg  2008/11

2008-11 落ち葉の絨毯をふみふみチョビ11月なのに、暖かいポカポカ陽気の日が下旬頃まで続き
なかなか、寒くなりませんでしたが
寒くなれば、なるほど
チョビの元気度がUP!!
きっと、ジッとしてると寒いので
走って体を温めようってことなんだと思うんですけど
そんな元気犬のお供をする私はヘトヘト(^^;)

ま、元気なのが何よりですから
ありがたい話なんですけどね。

肛門腺絞りも病院でやってもらうようになり
しっかり搾り出してもらったので
来月は、病院に行かなくてもよさそうです。
年明け、ワクチン接種が控えてるので
その時にまた絞ってもらう予定。

このまま、何事もないことを祈るばかり。



posted by ま〜や  [ 成長の記録 2008 ]  - -

TITLE :  生後6年 体重13.4kg  2008/10

2008−10 6歳の誕生日を迎えました10月13日 チョビさん6歳になりました

ちょこちょこ病院のお世話になることもありましたが
比較的、健康体で過ごせたかなと。
なぜか、今年はチョビの体に
ポチッと、小さいデキモノ出没しておりますが
それは、要観察ということで
大きさの変化などを注意深く見守りつつ過ごしています。



お口の周りの赤いポッチが!!
口のとこに赤いぽっちり
赤いブツのところを擦り取って
顕微鏡で菌が繁殖してるか調べてもらったけど異常なし

塗り薬を、1回ぺペッと塗られて
その後は、様子をみてたら3週間ほどで消えたので一安心と。

ちょうど犬歯の先の辺りに出来たので
ヨダレなどで擦れたりしたせいかも?なんて言われたり・・・

摩訶不思議な体です。
posted by ま〜や  [ 成長の記録 2008 ]  - -

TITLE : 生後5年11ヶ月 体重13.3kg  2008/09

2008-09 まだまだ夏なのね9月になっても、まだまだ暑さが続いております。
暑さに弱いチョビはお散歩してても
まったりモードなことが多く
普段は、胴輪を愛用していますが
暑いと面で覆われて部分が多い胴輪よりも
首輪の方が快適かなと思い、夏の間は首輪も時々使っています。
こんな時は、以前愛用していたハーフチョークが役立ちます♪
以前は、引っ張り癖が酷くて矯正するために
ハーフチョークを使っていましたが、気管が弱いことが
わかってからは、体に優しい胴輪に変えていました。
でも、夏場まったり散歩では無駄な引っ張りもしないので
backこーして、時々ハーフチョークを使っています。
ローアングルでの撮影でちょっと締まり気味に
見えちゃってますが、歩いてるときにはゆとりがたっぷりあります。

でも、また涼しくなって
暴走しだしたら、ハーフチョークともまたお別れですけどね。

ほんの一時、夏の間だけ
ピターッと、私の横について歩いてくれるので
ちょっと、賢い風の散歩が出来ます(笑)



そして、いつものことなんですけど
毎年こんな風に、まったりお散歩してる期間があると
あぁ、やっとチョビも落ち着いてきたんだな〜って
錯覚しちゃいます。

そして、秋に裏切られるパターンが続いているんですけど

もしかすると、今年は本当に落ち着いてきたかも!?
なんか、体力落ちてきてるような気がするんですよ。
昨年は、もっと暑くても元気だったような・・・

チョビもやっと、そろそろ大人のへの仲間入りか

と、今年も懲りずに期待してますが
さて、答えはいかに!?
posted by ま〜や  [ 成長の記録 2008 ]  - -

TITLE : 生後5年10ヶ月 体重13.1kg  2008/08

2008 08 魚眼レンズで撮影先月、傷めた体も徐々に回復してきたチョビ。
一時は、どうなるかと思いましたが
幸いにも、軽症だったようです。
今までの深い箱型のベッドは、また無理な体勢になって
筋などを傷めたら大変なので、平たいベッドに交換。
はじめはとまどっていたチョビも、徐々に慣れてくれて
のびのびと体を伸ばして熟睡してくれています。



前足から肩のラインにかけて筋を傷めていたときには
後ろ足を使っての「カイカイ」ポーズが出来ませんでしたが
傷めてから3週間経った頃には、いつものように出来るようになってきました。

ローリングも、しばらくの間みていませんでしたが
やっと、本調子が戻ってきたようで日課も元気良く(笑)

で、やっと一安心かと思ったんですが
気になるもの見つけちゃったんですよ。

右前足の手根球の根元に黒いポッチリを発見!

大きさは、1.5mmほど。

はじめは、カサブタかな?
なんて思って、コリコリしてみたりしたんですけど
取れる気配ナシ・・・。
で、しばらく様子を見てたんですけど
やっぱり、いつまで経ってもポッチリがずっとあるので

病院で診察してもらったら
いまのところ
悪いモノではない
という、ことで要観察となりました。

どんどん大きくなると
悪性の腫瘍も考えられるそうです。

でも、獣医さんも
こんな場所に出来るのは
見たことないね〜珍しいって。


人間で例えると
老人性のイボなんでしょうか?
とにかく、今のところ
心配ないとわかれば一安心。

今月も、なんだかんだと
チョビさんやっぱり病院のお世話に
なっちゃいましたね。
posted by ま〜や  [ 成長の記録 2008 ]  - -

TITLE : 生後5年9ヶ月 体重13.1kg  2008/07

暑い夏 2008 07チョビが家に来てから、ずっと通っている動物病院。
もう、5年越しのお付き合いでチョビも慣れてるし往診もあるので良いんですが心配事もあります。
それは休診日があること。と、あと
家から病院までかなり距離があり車で行かなければならないこと。

今後、突発的な何かが起こったときに
すぐに診てもらえる病院を近所に探しておくことも必要かなと
もしもの為に、別の病院へも連れて行っていました。
が、近所の病院の獣医さんをチョビがあまり気に入ってないんですよ・・・やはり女の先生よりオトコの先生がお好みらしい(笑)

病院選びも難しいな〜と感じていた
7月17日の朝
チョビの「きゃひっ」という悲鳴・・・
目覚めたら、右前足上がったままで、歩き辛そうにしてるし
右側を下に横たわると、きゃひっと悲鳴を上げるので
病院へ連れて行こう!と思ったんですが・・・
その日は、病院の休診日びっくり
慣れてる先生に診てもらいたかったけど、1日待てる状態じゃない!って、ことで近所の病院へ。(探しておいて良かったよぉ泣き顔


チョビの悲鳴を聞いたのが、朝6時。
病院が10時からだったので、それまでの間とてももどかしかったです。
そんな私の心配をよそに、病院へ到着するとチョビさんご機嫌なんですよ。
はしゃいでるし・・・もしかして、仮病か?とも思ったんですが
やはり、体に痛みはあるらしく。仮病ではありませんでした。

診察の結果。無理な姿勢になっていて
体の一部に圧がかかり、筋を痛めたのではないかということで
投薬はナシで、しばらく安静にして様子を見るということになりました。

悲鳴をあげたのは、その日だけで、翌日からは悲鳴もなく歩行も自然に。
やれやれと思った、1週間後・・・
今度は、肛門腺汁が溜まりすぎたのか、こぉもん様を舐めまくって真っ赤かに。
病院で、たっぷりとお絞りをしてもらい、化膿止めのお薬(抗生物質)を飲むことに。

今月は、ドキッとするようなことばかりで大変でした。

そして、チョビだけでなく私も手を負傷して安静にしております。
災難な月でした・・・困惑
posted by ま〜や  [ 成長の記録 2008 ]  - -